講師

 

平成30年度

データアントレプレナー実践論 ‐ Data Entrepreneur Practical Theory 

田村 元紀 - Motonori TAMURA

田村 元紀
P1-P15 ガイダンス
担当教員。新日本製鐵株式会社を経て、文部科学省、東北大学、東京工業大学、東京農工大学にて産学官連携に関する研究を推進後、電気通信大学に着任。産学官連携センター センター長、産学官連携支援部門長 教授。プログラムマネージャ(講座責任者)。博士(工学)東京大学。技術士(金属部門)。

 

Sanpei NAKABAYASHI中林 三平
P1 データサイエンティストの現状
株式会社日本ユニバック総合研究所、株式会社野村総合研究所 AIコンサルティング室長を経て、株式会社金融エンジニアリング・グループを設立。経営者を引退後、同社創業者、チーフデータサイエンティストとして後進を育成。データサイエンティスト協会理事。本年より、電気通信大学産学官連携センター客員教授。米国ペンシルバニア大学博士課程修了(意思決定理論)。

 

島田 啓一郎 - Keiichiro SHIMADA島田 啓一郎
P3 IoT時代のビジネスモデル創造
ソニー株式会社 執行役員。1981年東京大学工学部電子工学科卒。ソニーに入社後、ビデオ・カメラ・オーディオ・パソコンの技術・商品開発・事業を担当。技術開発本部長、研究開発担当役員を経て現職。内閣府システム基盤技術検討会、総務省イノベーション創出委員会等の構成員、電子情報技術産業協会技術戦略部会長を歴任、京都大学経営管理大学院特命教授。

 

石川 豊 - Yutaka ISHIKAWA石川 豊
P4 ロケーションデータ分析事業
1983年生まれ、新潟市出身。2005年ネットエイジ(現ユナイテッド)入社。2011年ナイトレイを創業、ロケーションインテリジェンス事業として位置情報に特化したデータ収集解析エンジンを独自開発し、日本国内の消費者行動データや人気施設データを提供開始。2015年に訪日外国人行動データ解析サービス「inbound insight」をリリースし、6,000社以上の企業や自治体のインバウンド対策をデータを軸として支援中。P4 ロケーションデータ分析事業

 

富田 良治富田 良治
P5 データ活用の醍醐味(仮)
2001年、電気通信大学 電気通信学部電子物性工学科卒。中小企業診断士、ITストラテジスト。ソフトウェア受託開発の中小企業に16年勤務の後、IT経営コンサルタントとして独立。「ITとデータのチカラで人と企業に幸せを。」を経営理念として、データ分析 × コンサルティングのサービスを提供する。富田IT経営コンサルティング合同会社 代表社員、一般社団法人データマーケティングラボラトリー理事、一般社団法人多摩経営工房 理事、株式会社DSOティーン 取締役/COO、株式会社オフィスAZ 取締役。

 

塩崎 潤一塩崎 潤一
P6 シングルソースデータによる広告出稿最適化の取り組み
株式会社野村総合研究所勤務、インサイトシグナル事業部長、認定データサイエンティスト。1990年に筑波大学第三学群社会工学類卒業。専門分野はマーケティング戦略の立案、生活者分析など。野村総合研究所では、マーケティング関連のシングルソースデータを活用して、日本における広告宣伝の最適化に取り組む。主な著書に「大衆化するIT消費」、「第三の消費スタイル」など。

 

丸山 文宏 - Fumihiro MARUYAMA丸山 文宏
P10 データ活用から変革への取り組み
株式会社富士通研究所 人工知能研究所 特任研究員。1978年東京大学工学部計数工学科卒業。同年(株)富士通研究所入社。1991年東京大学 博士(情報工学)。2008年から2012年まで欧州富士通研究所社長。2013年から2015年まで一般社団法人人工知能学会副会長。2015年から2017年まで同学会監事。LSI CAD、知識処理システム、ソフトウェアエージェント、CRMなど、人工知能、ソリューション、サービスの研究開発に従事。

 

守屋 俊夫守屋 俊夫
P11 データ活用の具体事例
(株)日立製作所入社後、システム開発研究所にてマルチメディアシステム、画像処理の研究開発に従事。その後、基礎研究所にてコンピュータグラフィックス、空間情報処理の研究開発、中央研究所ならびにテクノロジーイノベーションセンタにて、人工知能、人間・空間計測、ロボットシステムなどの研究マネージメントに従事。電子情報通信学会、情報処理学会、IEEE各会員。博士(工学)。

 

鈴木 真琴 - Makoto SUZUKI鈴木 真琴
P12 データ分析に関わる取り組み
富士ゼロックス株式会社 グローバルサービス営業本部アカウントデリバリーマネジメント1部 シニアアナリスト。1997年マーケティング情報サービス企業にて、マーケティングリサーチャー兼マーケティングデータアナリストとして、幅広い業界に関するマーケティングリサーチおよびPOS等の各種トランザクションデータ・統計データの解析に従事。2011年富士ゼロックスに入社。マーケティング系データ分析を本業にし、社内ネットワークによる情報交換と技術の研鑽に取り組む。

 

松井 孝之松井 孝之
P14 AIインキュベーション事業
株式会社ディープコア VP, Business Development。AI特化型インキュベーターであるDEEPCOREにて、各種課題解決に向けた「AI技術者と法人企業/研究機関との共同実証実験」を推進中。過去、ソフトバンク株式会社では「新規事業立ち上げ/コンサルティング/各種実装プロジェクト」に多数従事。一般社団法人日本ディープラーニング協会 産業活用促進委員会委員。

 

講師情報:2018年8月現在

 

確率論・統計学 ‐ Probability and Statistics

椿 美智子 - Michiko TSUBAKI

椿 美智子
1989年、電気通信大学へ着任。オックスフォード大学統計学訪問研究員を経て、電気通信大学 副学長(広報担当)、アドミッションセンター長、広報センター長、教育研究評議会評議員、全学学生支援機構副機構長を兼務。情報理工学研究科情報学専攻経営・社会情報学プログラム / 情報理工学域Ⅰ類経営・社会情報学プログラム 教授。博士(工学)東京理科大学。

 

川野 秀一
2010年、九州大学大学院数理学府数理学専攻博士後期課程修了。博士(機能数理学)九州大学「Nonlinear Statistical Modeling via Gaussian Basis Expansions and its Applications」。2010年、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターDNA情報解析分野ポストドクトラルフェロー。2011年、大阪府立大学学術研究院第2学群数学系助教。2012年、大阪府立大学学術研究院第2学群数学系講師。2014年、電気通信大学大学院情報システム学研究科社会知能情報学専攻准教授。2016年学内改組により現在に至る。統計学や機械学習に基づいたデータ解析技術の開発、バイオインフォマティクスの研究に従事。

 

金 路
2006年、電気通信大学大学院電気通信学研究科博士課程修了、電気通信大学システム工学科助手、同大学院情報理工学研究科助教、2016年4月より同大学院情報理工学研究科情報学専攻経営・社会情報学プログラム准教授、現在に至る。信頼性工学、保全性工学、状態監視保全の研究に従事。博士(工学)。

 

 

コンピュータサイエンス特論 ‐ Advanced Computer Science

西野 哲朗

西野 哲朗
1984年、早稲田大学大学院理工学研究科数学専攻博士前期課程修了。’84年、日本アイ・ビー・エム入社。東京基礎研究所研究員。’87年東京電機大学助手。’92年北陸先端科学技術大学院大学助教授。’94年電気通信大学電気通信学部電子情報学科助教授。’99年同情報通信工学科助教授。’06年同教授。’10年学内改組により現職。電子情報通信学会ソサエティ論文賞(’02年)IBM Faculty Award(’08年)文部科学大臣表彰科学技術賞(’10年)など受賞。主な著作に『P=NP? 問題へのアプローチ』(日本評論社)『量子コンピュータと量子暗号』(岩波書店)『図解雑学・量子コンピュータ』(ナツメ社)など。

 

プログラミング言語特論 ‐ Advanced Programming Language

庄野 逸

庄野 逸
1994年、大阪大学 大学院基礎工学研究科 生物工学分野修了。福島研究室にてネオコグニトロン、選択的注意機構モデルの研究に従事 1994 大阪大学 基礎工学部助手 1999 博士(工学)取得(大阪大学) “視覚システムのモデルを用いたパターン認識の研究” 2001 奈良女子大学 大学院人間文化研究科助手 ー城研究室にて最適化アルゴリズム、連想記憶モデルに関する研究に従事 2002 山口大学 工学部助教授 ー木戸研究室にて医用画像研究に従事 2006 山口大学 大学院医学系研究科助教授 2008 電気通信大学 電気通信学部 准教授 2015 電気通信大学 総合情報学部 教授 現在に至る 視覚システム、ニューラルネットワークモデルに基づいたパターン認識、統計力学的アプローチに基づく画像処理、医用画像処理の研究に従事。情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会主査、電子情報通信学会医用画像研究会運営委員などを務める。

 

講師情報:2018年1月現在

 

平成29年度

データアントレプレナー実践論 ‐ Data Entrepreneur Practical Theory

田村 元紀 - Motonori TAMURA

田村 元紀
P1-P15 ガイダンス
担当教員。新日本製鐵株式会社を経て、文部科学省、東北大学、東京工業大学、東京農工大学にて産学官連携に関する研究を推進後、電気通信大学に着任。産学官連携センター センター長、産学官連携支援部門長 教授。プログラムマネージャ(講座責任者)。博士(工学)東京大学。技術士(金属部門)。

 

清洲 正勝 - Masakatsu KIYOSU

清洲 正勝
P1 データサイエンス論
電気通信大学産学官連携センター 特任助教。同校人工知能先端研究センター 客員研究員。研究論文『データサイエンスのプロセスと業務評価モデル』が情報処理学会学生奨励賞受賞。プログラムフェロー(講座研究者)。『データサイエンス論』講師。情報処理学会、人工知能学会正会員。

 

Sanpei NAKABAYASHI中林 三平
P1 データサイエンティストの現状
株式会社日本ユニバック総合研究所、株式会社野村総合研究所 AIコンサルティング室長を経て、株式会社金融エンジニアリング・グループを設立。経営者を引退後、同社創業者、チーフデータサイエンティストとして後進を育成。データサイエンティスト協会理事。本年より、電気通信大学産学官連携センター客員教授。米国ペンシルバニア大学博士課程修了(意思決定理論)。

 

島田 啓一郎 - Keiichiro SHIMADA島田 啓一郎
P3 IoT時代のビジネスモデル創造
ソニー株式会社 執行役員、中長期技術・技術渉外担当。1981年東京大学工学部電子工学科卒。ソニーに入社後、ビデオ・カメラ・オーディオ・パソコンの技術・商品開発・事業を担当。技術開発本部長、研究開発担当役員を経て現職。内閣府システム基盤技術検討会、総務省イノベーション創出委員会等の構成員を歴任、電子情報技術産業協会技術戦略部長、京都大学経営管理大学院特命教授。

 

Noboru SONEHARA曽根原 登
P4-P5 地域ICT・IoTデータ活用
津田塾大学総合政策学部 教授。津田塾大学総合政策学研究所 所長。大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 客員教授。国立情報学研究所 名誉教授。国立大学法人総合研究大学院大学 名誉教授。国立情報学研究所 情報社会相関研究系の研究主幹・教授として、多様なセンサーで計測される多種多量なビッグデータを分析して、科学的根拠データに基づいて合理的な政策決定を行うデータ中心政策科学及びデータ駆動意思決定システムの研究開発と社会実装を行っている。

 

石川 豊 - Yutaka ISHIKAWA石川 豊
P6 ロケーションデータ分析事業
株式会社ナイトレイ 代表取締役。2005年株式会社ネットエイジ入社。2011年ナイトレイを創業、ロケーションインテリジェンス事業を立ち上げ。位置情報に特化したSNSデータ収集と解析システムを独自開発、日本国内の消費者行動データや人気施設データを提供。2015年、訪日外国人の行動解析サービス『inbound insight』をリリース、インバウンド対策の戦略策定・実行・検証プロセスに必須となるエビデンスデータを提供することで約3700社の企業や自治体の戦略をサポート。

 

早川 敦士 - Atsushi HAYAKAWA早川 敦士
P7 データ分析実践手法
株式会社リクルートコミュニケーションズ。電気通信大学大学院総合情報学専攻を卒業後、現在に至る。また、株式会社ホクソエムにもジョイン。在学中に技術評論社より『データサイエンティスト養成読本』を共著にて執筆し、2016年に改訂2版, 『データサイエンティスト養成読本 登竜門編』を出版。国内最大級のR言語コミュニティである Japan.R 主催。

 

Satoshi MIYAGAWA宮川 聡
P8 映像配信の取組みと今後の展開
株式会社NTTドコモ。東京都出身。電気通信大学在学中に株式会社インフォクラフトを設立。2008年電気通信大学大学院情報・通信工学専攻を卒業。2008年よりNTTドコモにてビッグデータを利用したレコメンドエンジンの企画、開発、導入および音楽配信サービスの企画、開発、運用を経て、動画配信サービス(アニメ)の企画、開発、運用に従事。

 

丸山 文宏 - Fumihiro MARUYAMA丸山 文宏
P13 データ活用から変革への取り組み
株式会社富士通研究所 知識情報処理研究所人工知能研究センター 特任研究員。1978年東京大学工学部計数工学科卒業。同年(株)富士通研究所入社。1991年東京大学 博士(情報工学)。2008年から2012年まで欧州富士通研究所社長。2013年から2015年まで一般社団法人人工知能学会副会長。現在は同学会監事。LSI CAD、知識処理システム、ソフトウェアエージェント、CRMなど人工知能、ソリューション、サービスの研究開発に従事。

 

鈴木 真琴 - Makoto SUZUKI鈴木 真琴
P15 データ分析に関わる取り組み
富士ゼロックス株式会社 グローバルサービス営業本部アカウントデリバリーマネジメント1部 シニアアナリスト。1997年マーケティング情報サービス企業にて、マーケティングリサーチャー兼マーケティングデータアナリストとして、幅広い業界に関するマーケティングリサーチおよびPOS等の各種トランザクションデータ・統計データの解析に従事。2011年富士ゼロックスに入社。マーケティング系データ分析を本業にし、社内ネットワークによる情報交換と技術の研鑽に取り組む。

 

データサイエンティスト特論 ‐ Advanced Data Scientist

田村 元紀 - Motonori TAMURA田村 元紀
A1-A15
担当教員。新日本製鐵株式会社を経て、文部科学省、東北大学、東京工業大学、東京農工大学にて産学官連携に関する研究を推進後、電気通信大学に着任。産学官連携センター センター長、産学官連携支援部門長 教授。プログラムマネージャ(講座責任者)。博士(工学)東京大学。技術士(金属部門)。

 

清洲 正勝 - Masakatsu KIYOSU清洲 正勝
A1-A15
電気通信大学産学官連携センター 特任助教。同校人工知能先端研究センター 客員研究員。研究論文『データサイエンスのプロセスと業務評価モデル』が情報処理学会学生奨励賞受賞。プログラムフェロー(講座研究者)。『データサイエンス論』講師。情報処理学会、人工知能学会正会員。

 

Sanpei NAKABAYASHI中林 三平
A1-A15
株式会社日本ユニバック総合研究所、株式会社野村総合研究所 AIコンサルティング室長を経て、株式会社金融エンジニアリング・グループを設立。経営者を引退後、同社創業者、チーフデータサイエンティストとして後進を育成。データサイエンティスト協会理事。本年より、電気通信大学産学官連携センター客員教授。米国ペンシルバニア大学博士課程修了(意思決定理論)。

 

斉藤 史朗斉藤 史朗
A1 – A15
株式会社金融エンジニアリング・グループ アナリティクス・ラボ 上席コンサルタント。株式会社金融エンジニアリング・グループにて主にマーケティング領域や不正検知案件のデータ分析、ならびにデータサイエンティスト育成に従事。一般社団法人 データサイエンティスト協会 企画委員長。セミナー・勉強会やシンポジウムの企画・運営に従事。訳書「マスタリング・データマイニング」「データマイニング手法 改訂第三版」(海文堂/共訳)他。電気通信大学非常勤講師。博士 (社会学)

 

原田 慧原田 慧
A1 – A15
株式会社金融エンジニアリング・グループ アナリティクス・ラボ 研究員。2011年、株式会社金融エンジニアリング・グループに入社。コンサルタントとして金融機関向けのデータ分析に従事する傍ら、数学力とデータ分析コンペティションで鍛えた技術力を活かし新規分野開拓、社内外の分析技術者育成に取り組む。2015年、KDDCUPで社内と親会社の合同チームの分析をリードし準優勝。協会主催のデータサイエンティスト養成講座の講師。電気通信大学非常勤講師。博士(数理学)。Kaggle Master。

 

橋本 武彦橋本 武彦
A1 – A15
株式会社GA technologies AI戦略室ゼネラルマネージャー。株式会社ブレインパッドにて主にマーケティング領域のデータ分析、ならびにデータサイエンティスト育成に従事。一般社団法人データサイエンティスト協会の立ち上げに参画し、2015年よりデータサイエンティスト協会 事務局長に就任。電気通信大学、慶應義塾大学SFCなどでの講義を担当。著書「統計学ガイダンス」(日本評論社/共著)他。

 

査 炳然査 炳然
A1 – A15
株式会社GA technologies AI戦略室アソシエイト。早稲田大学経済学研究科修了。専攻は経済理論の協力ゲーム理論で、協力ゲームのいくつかの公理、プロパティーとグラフ構造について研究。入社以来、Pythonによるデータ分析、データベースとの連携、ウェブクローリングなどを経験。OSS-DB Silver資格を所有。

 

高田 朋貴

高田 朋貴
A1 – A15
株式会社オプトホールディング。企業とデータサイエンティストをマッチングさせる「DeepAnalytics」を中心に、分析コンサルティングやコンテスト設計・運営等、データビジネス業務に従事。大学生を対象としたデータ活用実践講座等や、オンライン教育プラットフォームUdemyの講座「【ゼロから始めるデータ分析】ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門」などのデータサイエンス講座講師。専門は言語処理、人工知能等及び概念形成など。博士(理学)。

 

山下 諭史山下 諭史
A1 – A15
ネイチャーインサイト株式会社。SAS Institute Japan株式会社のコンサルティング・パートナー企業にて、クロスセクションデータの2値分類問題、回帰問題のモデル構築に従事。仕事でSAS、趣味でR及びPythonを使用。

 

 

講師情報:2017年10月現在