よくあるご質問

応募者の方

Q:どのような方が参加されていますか?

A:多様な専門分野のバックグラウンドをお持ちの方々が参加しています。データサイエンスに関してそれぞれに足りない部分を補いつつ、得意な部分を伸ばすことでトップレベル人材となれるようにカリキュラムを提供しています。本ページの他の質問もご参照ください。

Q:合格した受講生の年齢層はどのような感じでしょうか?

A:年齢層は、20代~50代まで様々な方が受講しています。

Q:内容はどのくらいのレベルですか?

A:本プログラムは博士人材(博士後期課程学生、博士研究員、社会人博士号取得者)を対象にしていますので、原則的に大学院の博士後期課程のレベルになっています。
前期の基礎学習では e-Lerarning を使い学部から大学院までの内容を効率的に学べるようにしていますが、必要となる領域の全てを網羅していませんので、受講開始から大学附属図書館のデータサイエンスラブラリを各自で活用していただきます。

Q:受講に必要なスキルはありますか?

A:原則的にカリキュラムに掲載されてる大学院の「数理・統計学系」「データ工学系」「人工知能系」「経営工学系」の各大学院科目の履修を受講の前提にしています。ご自身の専門領域を考え、応募の段階で大学院科目を履修するように計画的に考えることをお勧めします。
例えば、大学学部や大学院の統計の知識が不安だという方は、前期の e-Learning や補講などで身につけていただくことも想定していますが、ご自身で時間をかけて勉強していただく必要がありますので、その時間を確保することができ短期間で習熟するということが条件になります。
講義は日本語で行われますので、日本語の高度な読み書き能力は必要となります。

Q:出願資格に制限はありますか?

A:本プログラムは博士人材(博士後期課程学生、博士研究員、社会人博士号取得者)を主な対象としています。したがいまして博士人材が優先されますが、博士号の学位を持たない社会人、博士前期課程、学部生も応募することができます。
書類選考において面接が必要と考えた場合には、事情をお聞きした上でプログラム参加の正否を判断する場合があります。

Q:博士前期課程学生・学部生ですが、受講可能ですか?

A:博士前期課程学生や学部生も応募資格があります。基礎的な確率論や統計学が身についており、何れかのプログラミング言語を習得している場合には受講することで成長できる可能性があります。
書類選考において面接が必要と考えた場合には、事情をお聞きした上でプログラム参加の正否を判断する場合があります。

Q:デジタル出願の場合、証明書の郵送は必要ですか?

A:必要な提出書類をスキャンしてデジタルデータでお送りください。その場合、郵送は不要ですが不鮮明の場合に改めて事務局より連絡し、再提出頂くことがあります。

Q:出願の時点で学部在学中で、卒業見込証明書が発行できない場合必要な証明書はありますか?

A:在籍している大学の在学証明書を提出してください。

Q:エフォートはどの程度ですか?

A:前期の基礎学習 e-Learning 3科目は、場所や時間を選ばず開講期間内に自分のペースで受講することになります。後期の対面学習 集中講義2科目は、10月から2月の土曜日午後、科目毎に1コマ(90分)として全15回を予定しています。いずれも復習する時間やレポート作成の時間が必要です。また、以上は講義としてご提供するものですが、講義の内容を消化しより高いレベルで身につけるための自習時間を取っていただく必要があります。

Q:データサイエンスライブラリはどのように利用できますか?

A:データサイエンスライブラリが所蔵されている大学附属図書館は一般の方でも利用可能です。
受講生の方は、4月以降に発行される身分証明書(高度技術研修生証、学内の学生は学生証)を利用して、データサイエンスライブラリを借りることができます。高度技術研修生証は準備が整い次第、順次ご自宅宛に書留郵送します。
附属図書館の公式ウェブサイトで蔵書を検索することができます。附属図書館(東3号館 2階 番号:27)アクセスマップ

Q:デジタル出願の場合、応募書類の締め切りは日時は?

A:締切日、当日中の受信日時を有効としています。

Q:社会人受講生にも、受講証は発行されますか?

A:受講生は高度技術研修生となりますので、高度技術研修生証が発行されます。これは学位課程の正規の学生証とは異なります。

Q:社会人受講生が本プログラムで受講する科目は?

A:基礎学習 e-Learning 3科目「確率論・統計学」「コンピュータサイエンス特論」「プログラミング言語特論」
対面学習 集中講義 2科目「データアントレプレナー実践論」「データサイエンティスト特論」の5科目が修了要件になります。
以上が修了要件になりますが、その他に受講生限定の特別講義や合宿などの補習が実施されますので、必要に応じてご参加ください。

Q:他大学の学生ですが、大学院正規の科目を受講することはできますか?

A:単位を取得したい場合は、電気通信大学と大学院の単位互換協定を結んでいる大学であれば、受講申請して許可を得た上で受講して合格すれば単位を取得することができます。また、受講人数に制限がありますので、受講申請しても受講できない場合がありますのでご了承ください。

Q:社会人受講生が指定科目の受講はできますか?

A:指定科目とされている科目の受講を希望される場合は、別途申請と費用が必要となりますが「科目等履修生」として履修することは可能です。
  ウェブページををご参照いただきご申請ください。

Q:出願回数に制限はありますか?

A:出願回数に制限はありませんが、博士人材、博士号の学位を持たない社会人、博士前期課程学生、学部生の優先順で選考をしています。

Q:留学生ですが受講可能ですか?

A:出願可能です。出願の際には、 日本語能力試験 N1 証明書(外国籍の方及び留学生の方のみ必須)の提出が必要となります。ご留意ください。

 

受講生の方

Q:e-Learning の開講時期はいつ頃ですか?

A:開始は、4月以降で準備が出来次第となります。詳細な日程は確定後、受講生に通知されます。

Q:高度技術研修生番号とは?

A:高度技術研修生 データアントレプレナーフェローの個人番号となります。高度技術研修生証(カード)の裏面に記載されているAから始まる8桁の英数字です。本学学生の場合は、学生証に記載されている学籍番号です。

Q:データサイエンスライブラリの利用方法は?

A:データサイエンスライブラリが所蔵されている大学附属図書館は一般の方でも利用可能です。受講生の方は、4月以降に発行される身分証明書(高度技術研修生証、学内の学生は学生証)を利用して、データサイエンスライブラリを借りることができます。高度技術研修生証は準備が整い次第、順次ご自宅宛に書留郵送します。附属図書館の公式ウェブサイトで蔵書を検索することができます。附属図書館(東3号館 2階 番号:27)アクセスマップ

Q:成績評価はどのようにしていますか?

A:試験、レポート、プレゼンテーション、受講状況、その他またはそれらを組合わせたものとして総合的に評価しています。詳しくはそれぞれのガイダンスでお伝えします。

Q:休講について情報はありますか?

A:大学の休講と同様になります。
午前6時現在、京王線が始発より引き続き運休の場合 1、2時限休講
午前10時現在、京王線が始発より引き続き運休の場合 3~5時限休講
代替日は受講生専用ページに掲載します。
※休講に関する情報は、休講情報 ( http://kyoumu.office.uec.ac.jp/kyuukou/ )に掲載しておりますので、併せてご確認ください。

Q:対面学習の欠席連絡方法は?

A:ご事情がある場合、事務局までメールでご連絡ください。また、実際の出欠及び早退、遅刻は座席への着席有無で判定しております。
欠席は、ご事情を勘案しますが原則として修了及び成績に影響することがあります。

Q:講義資料の再配布はできますか?

A:講義資料は、講師の方より受講を許可された受講生のみに配布の許可をいだいているもので、他の方への再配布は同じ組織内の方であ っても不可となっています。

Q:過去のピッチコンテスト資料を公開してますか?

A:ピッチコンテストの内容はそれぞれの発案者に帰属しておりますので、関係者外や事後の公開はしていません。

Q:住所や電話番号などが変わりましたが連絡は必要でしょうか?

A:必ず事務局までお知らせください。
E-Mail: defp@sangaku.uec.ac.jp

Q:UECアカウントでの学内ネットワークのアクセスが不可能になりましたがどうすれば良いでしょうか?

A:学内ネットワークを利用するためには、「INFOSS 情報倫理」を受けて最後の検査に合格し、誓約書の提出が必要です。配布した資料に従って受講ください。

Q:UEC Account のパスワードを変更したいのですが?

A:学内ネットワーク専用ウェブページにアクセスしての変更となりますので、学外からの変更の場合は、VPN サービスを利用して変更ください。

Q:VPNによる接続ができないのですが?

A:お使いのOSで利用可能なVPNサービスが2種類ありますので、両方でお試しください。
どちらも接続ができない場合は、接続元のネットワーク環境に問題がある可能性があるため別の接続環境でご確認ください。

Q:研修報奨金を申請したいのですが、D2(データ工学系) と D5又はD6 を同時に満たすことは可能ですか?

A:「実践ソフトウェア開発基礎論」又は、「実践ソフトウェア開発概論Ⅲ」を履修すると修了要件を同時に満たすことができます。